メディア業界セクハラ 加害者は警察・政治家・公務員が3割

公開日: 更新日:

 女性記者にセクハラするのは、やはり“権力者”だった。

 前財務次官のセクハラ問題をきっかけに設立した「メディアにおけるセクハラを考える会」が被害調査の結果を21日、外国特派員協会で発表した。メディアで働く女性35人から150件の事例が報告されたという。

 それによると、被害者は20代が51%でダントツ。加害者は「社内」が40%とトップながら、社外では「警察・検察関係者」12%、「政治関係者」11%、「公務員」8%で、いわゆる権力側にいる人が3割強を占めた。駆け出しの頃の地方勤務で、権力者からの被害に遭うケースが多いようだ。

 役場幹部にスナックで体を触られたり、「おまえの裸が見たい」などと言われた。警察幹部に「今日は泊まり勤務」だと話したら、「じゃ、お風呂入れないから、あそこが臭くなるね」と言われた――など、ア然とする事例もあった。

 代表の大阪国際大准教授の谷口真由美氏(国際人権法・ジェンダー法)は、「情報提供の見返りというのが非常に多い。性犯罪を取り締まる警察からセクハラを受けたら、どこに訴えていいかわからない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る