東北大の研究で注目 「SNSで子供の学力低下」本当の理由

公開日:

 新生活がスタートするこの時季、携帯各社にとっては稼ぎ時。各社の手厚いキャンペーンもあって、中学や高校の入学祝いにスマホをプレゼントした人も多いだろう。そんな親にとって、見逃せない研究がある。

 東北大加齢医学研究所の川島隆太所長は仙台市教育委員会と共同で毎年7万人以上の市立小中高に通う児童・生徒のデータを解析。その蓄積は8年目で膨大だ。

 その分析から浮かび上がったのが、スマホの使用による学力の低下は、学習時間とも睡眠時間とも関係しないということだった。つまり、だらだらとスマホを使っているうちに寝不足になったとしても、それが学力低下の原因ではないのだ。しかし、長時間スマホを使う生徒の学力が低いのはよく語られる。

 では、学力低下を招く直接的な原因は何か。ラインに代表されるメッセージアプリの使用時間だったのだ。ラインの使用時間が延びるほど、偏差値が下がるという。スマホを使っているという点では、メッセージアプリもスマホも同じ。メッセージアプリはなぜダメなのか。元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る