田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

早く「藤井○段」と呼ばれない棋士になって欲しい

公開日:

 藤井聡太六段(15)は5月18日、竜王戦の対局(5組ランキング戦準決勝)で船江恒平六段(31)に勝ち、4組への昇級を決めた。この結果、竜王戦で連続2回昇級したことで、規定によって七段に昇段した。

 藤井は2016年10月に四段に昇段して棋士になった。その後、今年の2月1日にC級2組順位戦で昇級を決めて五段に昇段、16日後の2月17日に朝日杯将棋オープン戦で優勝して六段に昇段した。

 そして、このたび、わずか3カ月後に七段に昇段した。棋士デビューから1年7カ月は最速で、15歳9カ月は最年少だ。どちらも61年ぶりに記録を塗り替えた。

 従来の七段昇段記録は、最速が2年8カ月、最年少が17歳3カ月。いずれも加藤一二三・九段(78)が打ち立てた。

 ただ、現代と過去では棋士の昇段制度は異なる。45年ほど前までは、名人戦の予選リーグに当たる順位戦で昇級しないと昇段できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る