周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

中国人ホテル王 私費留学で来日時の所持金は5000円だった

公開日: 更新日:

 来客の大半は、ビジネスパートナーの在日中国人社長たち、派手なチャイナドレスを身にまとった同胞のマダムたち、それにわざわざ中国からやってきた著名な芸能人たちだ。加えて大物投資家たちの顔も見える。中国人セレブの勢揃いといったところか。

 実は、これが“中華系ビジネス”に欠かせない大事な人脈だ。N氏は特に商機の嗅覚が鋭く、人脈を武器として生かしながら、どんなチャンスも逃さず、かつ成功を見いだす先見の明があった。

 彼を在日華人成功者の代表として取り上げる中国系の媒体によると、N氏は1962年生まれの満州族。清朝皇族の末裔でもある。大好きな音楽を学ぶため、87年に私費留学生として北京から来日。成田空港に降り立った時の所持金はわずか5000円だったという。都市伝説かも知れないが、これが彼の成功物語の出発点だ。

 当時の日本語学校の同級生が振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る