混浴でも安心 静岡・河内温泉の“女性ファースト”千人風呂

公開日: 更新日:

 これまで1800湯以上入っているので、混浴も慣れっこ。だけど、たまにのぞき趣味の男性がいて困ります。そういう人はお湯の中に潜んでじっと女性が入ってくるのを待っているので「ワニ」と呼ばれています。

 にごり湯は入ってしまえば目隠しになりますし、近頃はバスタオルOKや湯浴み着を貸してくれるところも増えていますが、湯船に入る瞬間は無防備になります。ワニもそこを狙っています。

 そうした悩みをお風呂の工夫で解消してくれている混浴温泉もいくつかあります。例えば、秋田・乳頭温泉郷の「鶴の湯」は女湯からの出入り口についたてがあって湯につかったまま混浴にいけますし、長野・白骨温泉の「泡の湯」は出入りするところが囲ってあります。島根・玉造温泉の「長楽園」は出入り口の前に目隠しの大きなついたてがあり、そこで湯につかったまま大きな露天風呂の方に行くことができます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る