• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焼肉きんぐの「物語コーポ」社長・加治幸夫さんの巻<5>

「Mi Cafeto」

 コーヒーも好きでね、よく飲みます。中でもすごいなぁと思うのが、コーヒーハンターと呼ばれる川島良彰さん。何がすごいって、生産者の人権や自然環境を守りながら、コーヒーの市場を適正化しようとしているんです。

 ワインは、年代や産地によって品質が異なり、金額が違います。同じエリアでも、畑ごとに土壌や太陽のあたり方が違って、ブドウの質が変わっていく。その品質の違いが、ワインの価格に反映され、ワインの愛好家はその価格を受け入れますよね。

 ところが、コーヒーは必ずしも品質の違いが価格に反映されているとは限りません。大手のコーヒー業者が、安い豆をブレンドして安く売ってきた。品質のいい種類なのに、そのよさをアピールしてきませんでした。そのおかしさを突いたのが川島さんです。

 世界には、コーヒー豆を栽培しながらも、コーヒーでは生活できないので、大麻栽培を生活の糧にしているところもあったらしい。川島さんは、そういうところに自ら出向いて農業指導します。土壌の管理や収穫の時期、精製・加工、焙煎などコーヒー作りのすべてを指導して、適切な価格で取引できるようにするんです。

 価格に見合ったおいしいコーヒーができて、消費者も適正価格で楽しむことができれば、生産者も消費者もうれしい。生産者は大麻などを栽培せずに済むんです。世界の農園を渡り歩いて、コーヒーにもワインと同じような品質のピラミッドがあることを訴えているんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る