焼肉きんぐの「物語コーポ」社長・加治幸夫さんの巻<4>

公開日: 更新日:

ジョエル・ロブション(東京・恵比寿)

■グランメゾンは苦手でも抜擢する理由

 フレンチのグランメゾンは、概して緊張するので、リラックスして食事ができません。飲食業界で生きているので、「何事も経験」とフランスに行ったときは、ピエール・ガニェールやミシェル・ブラス、アラン・デュカスなど、世界に名だたるグランメゾンを経験しました。でも、楽しめませんでした。

 その点、ロブションは楽しめます。フィロソフィーというか戦略がしっかりしているんです。

 ブランド拡張戦略で、グランメゾンを頂点に、セカンドダイニングやバー、式場などを多角的に展開していますが、チェーンではない。それぞれに専門性があって、原理原則が徹底しています。それでいて、どの店舗もフレンドリーに対応してくれるので、楽しめるんです。

 グランメゾンが苦手な理由のひとつに、ソムリエがあります。「お客さまのお好みはいかがですか?」と電話帳のような分厚いワインリストを渡されても、分かりませんよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る