大阪王将の「イートアンド」社長・仲田浩康さんの巻<5>

公開日:

串かつ凡(大阪・堂島1)

 串かつといえば大阪のソウルフードですが、こちらはちょっと違います。いわゆる“ソース2度づけ禁止”の店とは、一線を画す店です。

 北新地駅から梅田を背にして川に向かって歩くとすぐ。お店が入るビルはけっこう古くて、ここにミシュラン1つ星の店があるのかと、初めてお邪魔したときは一瞬ためらいました。でも、階段を下りて、「凡」と書かれた暖簾をくぐると、落ち着いた空間が広がっています。

 カウンターは14席。席と席の間は詰まっていますが、革のイスはゆったりしているので、隣は気になりません。メニューはお任せのコースのみ。こちらが「ストップ」と伝えるまで、いろいろ揚げてもらえます。

 たとえば先月、お客さんをお連れしたときは、豚は群馬産で、関西では有名な淡路の玉ネギ、鯛味噌でいただく京都のよもぎふといった具合に産地は厳選され、吟味された食材が提供されています。油はラードと綿実油をブレンドしているそうで、お客さんも「串かつなのにこの軽さ。おいしいですね」と満足の様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る