大阪王将の「イートアンド」社長・仲田浩康さんの巻<5>

公開日:

串かつ凡(大阪・堂島1)

 串かつといえば大阪のソウルフードですが、こちらはちょっと違います。いわゆる“ソース2度づけ禁止”の店とは、一線を画す店です。

 北新地駅から梅田を背にして川に向かって歩くとすぐ。お店が入るビルはけっこう古くて、ここにミシュラン1つ星の店があるのかと、初めてお邪魔したときは一瞬ためらいました。でも、階段を下りて、「凡」と書かれた暖簾をくぐると、落ち着いた空間が広がっています。

 カウンターは14席。席と席の間は詰まっていますが、革のイスはゆったりしているので、隣は気になりません。メニューはお任せのコースのみ。こちらが「ストップ」と伝えるまで、いろいろ揚げてもらえます。

 たとえば先月、お客さんをお連れしたときは、豚は群馬産で、関西では有名な淡路の玉ネギ、鯛味噌でいただく京都のよもぎふといった具合に産地は厳選され、吟味された食材が提供されています。油はラードと綿実油をブレンドしているそうで、お客さんも「串かつなのにこの軽さ。おいしいですね」と満足の様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る