柳亭こみちさん<4>小三治の噺に雷に打たれたような衝撃

公開日: 更新日:

 平日は、体内のエネルギー残量が空になるまで働いた。普通だったら土日はぐったりで、泥のように寝て過ごしたとしても不思議ではない。ところが、こみちさんは、土日も精力的に活動した。

「会社員にとって土日って貴重じゃないですか。決してムダにしたくなかったんですね。趣味が演劇観賞だったので、土曜の昼夜、日曜の昼夜と、休日は芝居を見て回りました。平日でも、どうしても見たい舞台があるときは、なんとか間に合うように仕事を終わらせたりして。会社があった永福町から下北沢までは、そんなに遠くないですから助かりました」

 本人も、少し芝居をかじっていた。舞台にも何度か立ったことがある。母方の祖父は、黒沢明監督の作品にも数多く出演し、名脇役として人気だった谷晃さん。そのDNAもあるのだろう。

 仕事もプライベートもガムシャラに取り組むのが、こみちさんの信条だ。妥協はしない。それで上司とぶつかったこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る