柳亭こみちさん<4>小三治の噺に雷に打たれたような衝撃

公開日:

 平日は、体内のエネルギー残量が空になるまで働いた。普通だったら土日はぐったりで、泥のように寝て過ごしたとしても不思議ではない。ところが、こみちさんは、土日も精力的に活動した。

「会社員にとって土日って貴重じゃないですか。決してムダにしたくなかったんですね。趣味が演劇観賞だったので、土曜の昼夜、日曜の昼夜と、休日は芝居を見て回りました。平日でも、どうしても見たい舞台があるときは、なんとか間に合うように仕事を終わらせたりして。会社があった永福町から下北沢までは、そんなに遠くないですから助かりました」

 本人も、少し芝居をかじっていた。舞台にも何度か立ったことがある。母方の祖父は、黒沢明監督の作品にも数多く出演し、名脇役として人気だった谷晃さん。そのDNAもあるのだろう。

 仕事もプライベートもガムシャラに取り組むのが、こみちさんの信条だ。妥協はしない。それで上司とぶつかったこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る