柳亭こみちさん<4>小三治の噺に雷に打たれたような衝撃

公開日:

 平日は、体内のエネルギー残量が空になるまで働いた。普通だったら土日はぐったりで、泥のように寝て過ごしたとしても不思議ではない。ところが、こみちさんは、土日も精力的に活動した。

「会社員にとって土日って貴重じゃないですか。決してムダにしたくなかったんですね。趣味が演劇観賞だったので、土曜の昼夜、日曜の昼夜と、休日は芝居を見て回りました。平日でも、どうしても見たい舞台があるときは、なんとか間に合うように仕事を終わらせたりして。会社があった永福町から下北沢までは、そんなに遠くないですから助かりました」

 本人も、少し芝居をかじっていた。舞台にも何度か立ったことがある。母方の祖父は、黒沢明監督の作品にも数多く出演し、名脇役として人気だった谷晃さん。そのDNAもあるのだろう。

 仕事もプライベートもガムシャラに取り組むのが、こみちさんの信条だ。妥協はしない。それで上司とぶつかったこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る