ポッカサッポロ「加賀棒ほうじ茶」は浅煎り焙煎を再現

公開日: 更新日:

 無糖茶市場において、香ばしい味わいのほうじ茶が存在感を増している。中でも注目なのが、素材と製法にこだわった、ポッカサッポロフード&ビバレッジのプレミアムほうじ茶「加賀棒ほうじ茶」だ。2015年の発売以来、上品な味わいが支持され急成長。17年はシリーズ全体で2000万本以上を売り上げ、18年も好調に推移している。

 ポッカサッポロは国産希少素材の無糖茶に注力。まずは15年春に発売した日本品質のウーロン茶「にっぽん烏龍」が大反響を呼び、その勢いを持って15年秋に登場したのが、石川県焙煎茎茶を100%使用した「加賀棒ほうじ茶」である。

「無糖茶市場は緑茶が圧倒的ながら、13年に別ブランドでほうじ茶を発売した際、自販機によってはほうじ茶のほうが動きがよく、潜在ニーズは高いと感じた。そこでお茶業界に話を聞くと、ほうじ茶といえば石川県の“棒ほうじ茶”だという。コンセプトの国産希少素材に合致。商品化を決めた」(素材飲料グループの鶴谷哲司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る