• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ポッカサッポロ「加賀棒ほうじ茶」は浅煎り焙煎を再現

 無糖茶市場において、香ばしい味わいのほうじ茶が存在感を増している。中でも注目なのが、素材と製法にこだわった、ポッカサッポロフード&ビバレッジのプレミアムほうじ茶「加賀棒ほうじ茶」だ。2015年の発売以来、上品な味わいが支持され急成長。17年はシリーズ全体で2000万本以上を売り上げ、18年も好調に推移している。

 ポッカサッポロは国産希少素材の無糖茶に注力。まずは15年春に発売した日本品質のウーロン茶「にっぽん烏龍」が大反響を呼び、その勢いを持って15年秋に登場したのが、石川県焙煎茎茶を100%使用した「加賀棒ほうじ茶」である。

「無糖茶市場は緑茶が圧倒的ながら、13年に別ブランドでほうじ茶を発売した際、自販機によってはほうじ茶のほうが動きがよく、潜在ニーズは高いと感じた。そこでお茶業界に話を聞くと、ほうじ茶といえば石川県の“棒ほうじ茶”だという。コンセプトの国産希少素材に合致。商品化を決めた」(素材飲料グループの鶴谷哲司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る