“世界初”開発で市場拡大 フマキラー「ベープ」人気の理由

公開日: 更新日:

 1963年から“世界初”を次々投入。フマキラーの虫よけブランド「ベープ」は、電気式蚊取りの「ベープマット」から始まって、「どこでもベープ」で電池式、「おすだけベープ」でワンプッシュ式のカテゴリーを創出。市場において確固たる地位を築きながら、いまなお攻めの展開を続けている。とくにワンプッシュ式は成長株で、今年2月にはパワー倍増の「おすだけベープスプレーハイブリッド」(不快害虫用)を発売。ひと押しで最大16畳の広さに効くとあって、早速好調な売れ行きだ。

「消費者の満足度をいかに高めるか。ベープシリーズは、“よく効いて、しかも安全で快適”をコンセプトに開発を進めている」(マーケティング部の真鍋友和氏)

 現在は、蚊取りにとどまらず、不快害虫用なども幅広く揃えるベープだが、歴史を語るならやっぱり蚊取り。

 目指したのは問題解決。それが“世界初”の開発につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る