停電は東電管区の約5割 ライフライン崩壊で首都どうなる?

公開日: 更新日:

「地震の発生により多くのエレベーターが停止し、閉じ込めが発生する。救出には少なくとも半日以上を要する」

 内閣府「中央防災会議」(2013年)の被害想定には、こう書かれてある。真夏のこの時季に閉じ込めが起きれば、冷房の切れた室内(かご)の温度は50度を超す。同リポートは、熱中症などで死者が出ることを予想している。

 M7クラスの首都直下地震による被害想定は、死者が最大2万3000人、経済被害は約95兆円。さらにM8クラスでは死者7万人、経済被害は160兆円に膨らむ。

「東京湾北部地震(M7・3)の想定で最大被害が出るのは夕方6時と考えられます。家事による出火が多くなるためで、死者は9641人、負傷者は14万7611人という予想です」(東京都総合防災部防災管理課)

 では、具体的にライフラインの被害状況はどうか。半日ぶりにエレベーターから脱出した人は、東京のあまりの変貌ぶりにショックを受ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る