停電は東電管区の約5割 ライフライン崩壊で首都どうなる?

公開日:

「地震の発生により多くのエレベーターが停止し、閉じ込めが発生する。救出には少なくとも半日以上を要する」

 内閣府「中央防災会議」(2013年)の被害想定には、こう書かれてある。真夏のこの時季に閉じ込めが起きれば、冷房の切れた室内(かご)の温度は50度を超す。同リポートは、熱中症などで死者が出ることを予想している。

 M7クラスの首都直下地震による被害想定は、死者が最大2万3000人、経済被害は約95兆円。さらにM8クラスでは死者7万人、経済被害は160兆円に膨らむ。

「東京湾北部地震(M7・3)の想定で最大被害が出るのは夕方6時と考えられます。家事による出火が多くなるためで、死者は9641人、負傷者は14万7611人という予想です」(東京都総合防災部防災管理課)

 では、具体的にライフラインの被害状況はどうか。半日ぶりにエレベーターから脱出した人は、東京のあまりの変貌ぶりにショックを受ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る