植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

ここ10年で街の仲人が「やってられない」と消えていった

公開日:

 ここ10年くらいで街の仲人さんはほぼ消滅してしまいました。昔は地元の名士や議員、医院の奥さんたちがボランティアでやっていたものでしたが、世話を焼く人がいなくなったのです。その原因のひとつとして考えられるのは、「人間が非常識になった」ことです。

 お見合いをするのは大半が20代ですが、若い女性は、お見合いと合コンとの違いが分かっていません。

 3、4回とデートをするたび、行きたいレストランや食べたい食事をリクエストして男性に3万~4万円使わせます。それでいざ男性が交際を申し込むと「結婚する気がない」と言うのです。これでは男性は、昔でいう「メッシー」ですね。

 彼女たちは、お見合い相手を恋人候補のように扱います。当然、結婚を前提としている男性側からは、苦情が来る。それでボランティアの仲人さんたちは謝罪に行くわけです。しかも、彼女たちの親世代は恋愛結婚が多く、お見合いを知りません。自分たちでお願いしてきたにもかかわらず、「なぜ娘が謝らなければならないの?」という考えです。これでは、仲人が「やってられない」と嘆くのもうなずけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る