• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

ここ10年で街の仲人が「やってられない」と消えていった

 ここ10年くらいで街の仲人さんはほぼ消滅してしまいました。昔は地元の名士や議員、医院の奥さんたちがボランティアでやっていたものでしたが、世話を焼く人がいなくなったのです。その原因のひとつとして考えられるのは、「人間が非常識になった」ことです。

 お見合いをするのは大半が20代ですが、若い女性は、お見合いと合コンとの違いが分かっていません。

 3、4回とデートをするたび、行きたいレストランや食べたい食事をリクエストして男性に3万~4万円使わせます。それでいざ男性が交際を申し込むと「結婚する気がない」と言うのです。これでは男性は、昔でいう「メッシー」ですね。

 彼女たちは、お見合い相手を恋人候補のように扱います。当然、結婚を前提としている男性側からは、苦情が来る。それでボランティアの仲人さんたちは謝罪に行くわけです。しかも、彼女たちの親世代は恋愛結婚が多く、お見合いを知りません。自分たちでお願いしてきたにもかかわらず、「なぜ娘が謝らなければならないの?」という考えです。これでは、仲人が「やってられない」と嘆くのもうなずけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る