植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

ここ10年で街の仲人が「やってられない」と消えていった

公開日:

 ここ10年くらいで街の仲人さんはほぼ消滅してしまいました。昔は地元の名士や議員、医院の奥さんたちがボランティアでやっていたものでしたが、世話を焼く人がいなくなったのです。その原因のひとつとして考えられるのは、「人間が非常識になった」ことです。

 お見合いをするのは大半が20代ですが、若い女性は、お見合いと合コンとの違いが分かっていません。

 3、4回とデートをするたび、行きたいレストランや食べたい食事をリクエストして男性に3万~4万円使わせます。それでいざ男性が交際を申し込むと「結婚する気がない」と言うのです。これでは男性は、昔でいう「メッシー」ですね。

 彼女たちは、お見合い相手を恋人候補のように扱います。当然、結婚を前提としている男性側からは、苦情が来る。それでボランティアの仲人さんたちは謝罪に行くわけです。しかも、彼女たちの親世代は恋愛結婚が多く、お見合いを知りません。自分たちでお願いしてきたにもかかわらず、「なぜ娘が謝らなければならないの?」という考えです。これでは、仲人が「やってられない」と嘆くのもうなずけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る