新宿 凡<下> コーヒー1杯1000円以上でも客が絶えない理由

公開日:

 新宿にある自家焙煎珈琲店「凡」でオーナーの平勝哉さんと奥さまに話を聞いていると、思い入れの深さがうかがえる話が次から次へと飛び出してくる。

「あいすこーひー」(1190円)を注文した客には必ず、「これは水出しです」と一言添える。コーヒー豆を24時間、水に浸して抽出した、手間のかかったものであることを知ってもらうためだ。器は抹茶を飲む口の開いた茶碗。「これだと水出ししたコーヒーの香りが広がりやすいから」だという。

 メニューにある「大人のショートケーキ」は1280円。これまた結構なお値段だが、平さんいわく「ほとんどのケーキには形状保持剤が入っているんですよ。でも、うちは添加物を入れない。それだけ崩れやすいんです。だから、店員の誰もがホールケーキを等分に切りたがらない」。このケーキが崩れないようにするためなのか、店はかなり冷房が効いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る