“公害の街”が大変身…尼崎市が「住みやすい街」1位のワケ

公開日:

 兵庫県のJR神戸線「尼崎」が「住みやすい街」の1位に選ばれた。住宅ローン大手の「ARUHI」が大阪、京都、兵庫の2府1県について「住環境」「交通利便」など5項目で採点。「本当に住みやすい街大賞2018in関西」として発表し、尼崎が5点満点の4.1点で1位になった。

「昨年、当社の融資で家を購入した人たちが選んだ街のランキングと住宅の専門家2人の意見を総合的に分析して尼崎がトップになりました。『住みたい街』なら兵庫県の芦屋や西宮がトップにくるものですが、本調査では単純に住みやすい街を調べました」(ARUHIの広報担当者)

 それにしても世の中は変わるものだ。1960~70年代の尼崎は工場から黒煙が立ち上り、大気汚染が深刻で「公害の街」と呼ばれた。50代の読者は地理の授業で「公害では東の川崎、西の尼崎」と習ったはずだ。

 ところが尼崎は住みやすい街に大変身した。何が起きたのか。市の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る