• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“公害の街”が大変身…尼崎市が「住みやすい街」1位のワケ

投稿日:

 兵庫県のJR神戸線「尼崎」が「住みやすい街」の1位に選ばれた。住宅ローン大手の「ARUHI」が大阪、京都、兵庫の2府1県について「住環境」「交通利便」など5項目で採点。「本当に住みやすい街大賞2018in関西」として発表し、尼崎が5点満点の4.1点で1位になった。

「昨年、当社の融資で家を購入した人たちが選んだ街のランキングと住宅の専門家2人の意見を総合的に分析して尼崎がトップになりました。『住みたい街』なら兵庫県の芦屋や西宮がトップにくるものですが、本調査では単純に住みやすい街を調べました」(ARUHIの広報担当者)

 それにしても世の中は変わるものだ。1960~70年代の尼崎は工場から黒煙が立ち上り、大気汚染が深刻で「公害の街」と呼ばれた。50代の読者は地理の授業で「公害では東の川崎、西の尼崎」と習ったはずだ。

 ところが尼崎は住みやすい街に大変身した。何が起きたのか。市の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る