“公害の街”が大変身…尼崎市が「住みやすい街」1位のワケ

公開日: 更新日:

 兵庫県のJR神戸線「尼崎」が「住みやすい街」の1位に選ばれた。住宅ローン大手の「ARUHI」が大阪、京都、兵庫の2府1県について「住環境」「交通利便」など5項目で採点。「本当に住みやすい街大賞2018in関西」として発表し、尼崎が5点満点の4.1点で1位になった。

「昨年、当社の融資で家を購入した人たちが選んだ街のランキングと住宅の専門家2人の意見を総合的に分析して尼崎がトップになりました。『住みたい街』なら兵庫県の芦屋や西宮がトップにくるものですが、本調査では単純に住みやすい街を調べました」(ARUHIの広報担当者)

 それにしても世の中は変わるものだ。1960~70年代の尼崎は工場から黒煙が立ち上り、大気汚染が深刻で「公害の街」と呼ばれた。50代の読者は地理の授業で「公害では東の川崎、西の尼崎」と習ったはずだ。

 ところが尼崎は住みやすい街に大変身した。何が起きたのか。市の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る