• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“公害の街”が大変身…尼崎市が「住みやすい街」1位のワケ

 兵庫県のJR神戸線「尼崎」が「住みやすい街」の1位に選ばれた。住宅ローン大手の「ARUHI」が大阪、京都、兵庫の2府1県について「住環境」「交通利便」など5項目で採点。「本当に住みやすい街大賞2018in関西」として発表し、尼崎が5点満点の4.1点で1位になった。

「昨年、当社の融資で家を購入した人たちが選んだ街のランキングと住宅の専門家2人の意見を総合的に分析して尼崎がトップになりました。『住みたい街』なら兵庫県の芦屋や西宮がトップにくるものですが、本調査では単純に住みやすい街を調べました」(ARUHIの広報担当者)

 それにしても世の中は変わるものだ。1960~70年代の尼崎は工場から黒煙が立ち上り、大気汚染が深刻で「公害の街」と呼ばれた。50代の読者は地理の授業で「公害では東の川崎、西の尼崎」と習ったはずだ。

 ところが尼崎は住みやすい街に大変身した。何が起きたのか。市の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る