ホットドッグ無許可販売の少年を“経営者”にした当局に喝采

公開日: 更新日:

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードやホットドッグを売って小遣いを稼ぐのは米国の子供たちの典型的なアルバイト。でも、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えている。

 そんな中、ミネソタ州で無許可でホットドッグを販売していた少年に対する当局の対応に喝采が送られている。

 地元ラジオ局KNOW-FM(16日付電子版)などによると、同州ミネアポリスに住むジェーカン・フォークナー君(13)は2年前から自宅の前にテーブルを出し、ホットドッグやポテトチップス、炭酸飲料などを売って小遣いを稼いでいた。

 ジェーカン君は、憂うつな気持ちになることが多く、それを克服する目的もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る