ホットドッグ無許可販売の少年を“経営者”にした当局に喝采

公開日:

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードやホットドッグを売って小遣いを稼ぐのは米国の子供たちの典型的なアルバイト。でも、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えている。

 そんな中、ミネソタ州で無許可でホットドッグを販売していた少年に対する当局の対応に喝采が送られている。

 地元ラジオ局KNOW-FM(16日付電子版)などによると、同州ミネアポリスに住むジェーカン・フォークナー君(13)は2年前から自宅の前にテーブルを出し、ホットドッグやポテトチップス、炭酸飲料などを売って小遣いを稼いでいた。

 ジェーカン君は、憂うつな気持ちになることが多く、それを克服する目的もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る