ホットドッグ無許可販売の少年を“経営者”にした当局に喝采

公開日: 更新日:

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードやホットドッグを売って小遣いを稼ぐのは米国の子供たちの典型的なアルバイト。でも、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えている。

 そんな中、ミネソタ州で無許可でホットドッグを販売していた少年に対する当局の対応に喝采が送られている。

 地元ラジオ局KNOW-FM(16日付電子版)などによると、同州ミネアポリスに住むジェーカン・フォークナー君(13)は2年前から自宅の前にテーブルを出し、ホットドッグやポテトチップス、炭酸飲料などを売って小遣いを稼いでいた。

 ジェーカン君は、憂うつな気持ちになることが多く、それを克服する目的もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る