増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

「大信州 手いっぱい」きちんと醸せばちゃんとうまいを実感

公開日:

 私は「大信州酒造」こそ、日本酒の本質をゆるがせにしない蔵だと信じたい。代表銘柄「大信州 手いっぱい」はトレンドをにらみつつも流されず、きれいで呑みやすく、濃醇さも楽しめるレベルの高い酒だ。

 さらに近年は香りを少し控える一方で、抜群の酸味を醸しだしている。甘、辛のバランスがいい。口に含めば、うまさを醸すこれらの要素が混然となり、最後は微妙な苦味と渋味が舌を締め、未練なくスパッとキレる。

 冷酒で呑めば、欠点なし。常温は、香りを楽しむのにいい。燗をすれば、まったり感が顔を出す。「きちんと醸せば、ちゃんとうまい」を実感できる酒だ。

 先日、当主の田中隆一さんと「手いっぱい」に合うつまみで話が弾んだ。

「ハモの椀物やアユのすり流しはどうでしょう」


 ふむ、蔵元のお薦めは、意外にも濃厚な味わいの旬の魚か。私は、鶏の胸肉と夏野菜の炒めものを提案する。隠し味にしょっつるとハチミツをぜひ加えてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る