増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

「土田 麹九割九分 山廃仕込み」米の糖分とうま味を最大限に引き出した麹で醸す

公開日: 更新日:

 かつて地酒の「定番」といえば、最も消費量の多い低価格帯の普通酒を指した。ところが、昨今は年間を通して販売される商品を意味することも多くなった。

 代わって「スポット商品」「季節限定商品」が台頭している。ワンシーズンだけの小ロット醸造で、プレミア感が漂う。

 地酒業界では純米酒シフトも顕著で、吟醸系に力を注ぐ蔵が目立つ。地元では、普通酒の一升瓶を何本も空ける大酒呑みが激減しているから、大都市圏でのビジネスを意識せざるをえない。

 東京や大阪で地酒を買う層は普通酒には目もくれず、純米酒や吟醸系を選ぶ。

 そんな現況のなか、興味深い地酒のスポット商品と巡り合った。群馬県の土田酒造の「土田麹九割九分山廃仕込み」だ。33歳の若き杜氏、星野元希さんは熱く語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る