田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

群雄割拠の将棋界に割って入ったキュンこと豊島八段の実力

公開日:

 羽生善治棋聖(47)に豊島将之八段(28)が挑戦した第89期ヒューリック杯棋聖戦で、豊島が7月17日の第5局に勝って羽生を3勝2敗で破り、棋聖のタイトルを初めて獲得した。

 豊島は愛知県出身。9歳のときに桐山清澄九段(70)の門下で奨励会(棋士養成機関)に入会した。そして順調に昇進し、2007(平成19)年に16歳で四段に昇段して棋士になった。

 豊島は関西棋界の若手ホープとして活躍してきた。11年には王将戦で初めて挑戦者になり、久保利明王将(42)に対して2勝4敗と健闘した。

 その後、14年の王座戦と15年の棋聖戦で羽生に挑戦し、今年の王将戦では久保に挑戦したが、いずれも敗退する結果となった。

 豊島は前期のA級順位戦でも、前半に5連勝と飛ばしたが、後半に1勝4敗と崩れた。9回戦の三浦弘行九段(44)との対局では、相手玉の即詰みを逃して逆転負けした。結果的に勝っていたら、佐藤天彦名人(30)への名人戦挑戦者に決まっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る