田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

将棋界もビデオ判定? 物議を醸した藤井七段の“二手指し”

公開日: 更新日:

 6月29日に藤井聡太七段(16)と増田康宏六段(20)が対戦した竜王戦の決勝トーナメント2回戦の対局で、意外なハプニングが起きて物議を醸した。

 写真の画像は、インターネット中継で放送された終盤の局面。上側(後手)の藤井が後手8六桂と打ちかけたところ。

 しかし、下側(先手)の増田に先手同馬(薬指の下の9五に馬がいる)と6四の玉へ王手に取られ、将棋はたちまち終わってしまう。

 それに気づいた藤井は、8六の桂を駒台にあわてて戻し、後手8九飛と王手に打った。すると「ええ」「今、何が起こった」「二手指し」「待ったで負け」「指が離れていないからセーフ」など、視聴者のコメントが画面に一斉に流れた。

 私は後日にネット中継の映像で、その前後の状況をつぶさに見たので検証してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  4. 4

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  5. 5

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    【静岡】立憲と国民横一線 官邸介入情報で野党陣営が泥仕合

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る