田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

将棋界もビデオ判定? 物議を醸した藤井七段の“二手指し”

公開日:

 6月29日に藤井聡太七段(16)と増田康宏六段(20)が対戦した竜王戦の決勝トーナメント2回戦の対局で、意外なハプニングが起きて物議を醸した。

 写真の画像は、インターネット中継で放送された終盤の局面。上側(後手)の藤井が後手8六桂と打ちかけたところ。

 しかし、下側(先手)の増田に先手同馬(薬指の下の9五に馬がいる)と6四の玉へ王手に取られ、将棋はたちまち終わってしまう。

 それに気づいた藤井は、8六の桂を駒台にあわてて戻し、後手8九飛と王手に打った。すると「ええ」「今、何が起こった」「二手指し」「待ったで負け」「指が離れていないからセーフ」など、視聴者のコメントが画面に一斉に流れた。

 私は後日にネット中継の映像で、その前後の状況をつぶさに見たので検証してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る