田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

将棋界もビデオ判定? 物議を醸した藤井七段の“二手指し”

公開日:

 6月29日に藤井聡太七段(16)と増田康宏六段(20)が対戦した竜王戦の決勝トーナメント2回戦の対局で、意外なハプニングが起きて物議を醸した。

 写真の画像は、インターネット中継で放送された終盤の局面。上側(後手)の藤井が後手8六桂と打ちかけたところ。

 しかし、下側(先手)の増田に先手同馬(薬指の下の9五に馬がいる)と6四の玉へ王手に取られ、将棋はたちまち終わってしまう。

 それに気づいた藤井は、8六の桂を駒台にあわてて戻し、後手8九飛と王手に打った。すると「ええ」「今、何が起こった」「二手指し」「待ったで負け」「指が離れていないからセーフ」など、視聴者のコメントが画面に一斉に流れた。

 私は後日にネット中継の映像で、その前後の状況をつぶさに見たので検証してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る