田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

群雄割拠の将棋界に割って入ったキュンこと豊島八段の実力

公開日: 更新日:

 A級順位戦は史上初の6人によるプレーオフとなり、3連勝した豊島は4戦目に羽生に敗れて名人戦挑戦は成らなかった。

 豊島が羽生に再挑戦した今年の棋聖戦は、豊島が第1局で先勝した。第2局は終盤で勝ち筋だったが、致命的な手を見落として逆転負けした。

 豊島の前に立ちふさがる羽生は巌のような存在で、「今回もやはりダメか」という声がささやかれた。豊島もトラウマを感じていたことだろう。

 しかし、豊島は第3局以降の激闘を制し、羽生からタイトルを初めてもぎ取った。

 終局後の記者会見では「現実ではないような気がして、まだ実感がありません。タイトル初挑戦から長かったですが、諦めずにいてよかった」と、かみしめるように本心を語った。

 豊島が色紙によく書く言葉は「夢」。まさにそれがかなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る