“熱帯夜の快眠法”最前線 「お風呂は40℃15分」でぐっすり

公開日:

 快眠のためには入浴法が大事だ。スタンフォード大睡眠生体リズム研究所と秋田大の実験によれば、“40度のお湯に15分漬かると「深部体温」(体の内側の温度)が上がる”という。

「人間は体内の熱を放出させながら睡眠に入ります。深部体温を高めた方が急降下しやすいので、熟睡に効果的です。入浴後、時間が経つと熱が放射され過ぎるので、中途覚醒する確率が上がる。入浴は、睡眠の1時間前に終えるのがベスト。夏場にお風呂は……という方はブルー系の入浴剤を入れるといい。銭湯に富士山や海の絵が描かれていますが、青色は熱さを感じず長湯できるのです」(ナイトケアアドバイザーの小林麻利子氏)

 水温計で測定して実践すべし。

 夜のクーラー使用法にも注意を払いたい。ダイキン工業が、かつて「夏の睡眠と空気に関する調査」を行っている。それによれば、最も寝苦しいのは8月(79%)で、夏の平均睡眠時間は5・8時間。6割が「終日だるい」と答えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る