奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

抗生物質を与えると鳥が早く太る

公開日:  更新日:

 2つ目の理由は、鶏の主な病気である鶏マイコプラズマ症や鶏ブドウ球菌症、鶏病原性大腸菌症などを抑えるためである。発症したら一気に広がってしまうため、通常は発症する前から、あらゆる病気を想定して十数種類の抗生物質を混ぜた餌を与える。

 ただこれまでの考え方は、鶏の体内に抗生物質を入れても、体外に排出させれば問題はないとされてきた。だから出荷の1週間前から抗生物質を含まない餌を与え、鶏の体内から抗生物質を排出させることを義務付けたのである。

 休薬期間は、日本の養鶏家ならほぼ100%守っているから残留抗生物質の問題はないが、中国ではほとんど守られていない。鶏病原性大腸菌がひどく、1週間も休薬したら大半の鶏が死んでしまうからだ。だから国産鶏肉は安全で、中国産鶏肉は抗生物質が残存しているから危険といわれてきた。ところが、国産鶏肉は抗生物質こそ残存していないが、耐性菌に汚染されていたというのだから、目も当てられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る