奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

国産豚肉の80%から耐性菌検出 養豚は抗生物質を大量投与

公開日:

 鶏肉は55検体すべてから検出。つまり100%だった。豚肉は65%(国産80%、輸入55%)。牛肉は52%(国産42%、輸入59%)。

 前回と違い、検査した食肉はスーパーなどで買ったものだ。つまり、これは私たちの生活により近い数字だということである。前回よりも高い数字だったのは、おそらくスーパーの調理場で肉を切り分けた時に汚染が広がったと思われる。耐性菌といっても目に見えるわけではないし、肉を切るたびに包丁を消毒するわけではないからだ。

 豚肉も輸入の55%に対し、国産は80%というように国産の方が汚染率は高い。

 鶏だけじゃなくて、豚にも抗生物質を使っているの? と驚かれるかもしれないが、なんと、畜産で抗生物質(抗菌薬)が最も多く使われているのが養豚なのだ。


 2016年に日本で販売された抗菌薬は1747トン。このうち動物用医薬品及び飼料添加物として1021トン(2011年)と、約6割が使われている。人間よりも動物に使うほうが圧倒的に多いのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る