吉田秀彦さん<4>新築独身寮の“1番いい部屋”に入居すると…

公開日:

 日本代表に選ばれるたび吉田さんは、オリンピックをはじめ世界選手権や欧州遠征など、大きな大会の直前は合宿のために会社を休まざるを得なかった。だが、普段は井の頭線の浜田山にあった独身寮暮らし。ここから大手町にある本社へ出勤し、練習が終われば当然、独身寮に帰っていた。

「ボクが入社して3年目の年に、浜田山の独身寮が新しくなったんです。入社当時はオンボロで人気もなかったんだけど、これが2階建ての150人くらい入れる巨大な寮に生まれ変わった。新しいし、部屋も広くて超快適! で、当時ボクは労働部の福利厚生室にいて、社員食堂のメニューを考えたりするほか、新しい独身寮の部屋の割り振りも担当してた。だから、真っ先に自分が入る部屋を決めました。役得ですよ。練習で疲れて帰ってきたら、何より先にサッパリ汗を流したくて、フロと玄関が一番近い便利な部屋に。でも、どこかでこの噂を聞いた同期の連中が羨ましがって。“オレも入れてくれ~”“空き部屋はないのか”って、何人もが入寮を頼み込んできましたよ。ハッハッハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る