【新宿百人町編】美人バーテンとペルー料理の繁盛店に遭遇

公開日:

 コリアンタウンとして賑わう新大久保駅からはほんの300メートルしか離れていない。なのに、大久保駅のひなびた感じはハンパない。中央線の快速も止まらないし、駅として終わっているとも言えるが、間もなく“終わった人”を迎える中高年サラリーマンにとっては、こういう町こそいとおしい。南口(新宿寄り)改札を右に出ると、目の前には洗体と焼き鳥屋が軒を並べる猥雑(わいざつ)な飲み屋街。うん、イイね。

 付近をぶらついていると、ディープな怪しさを発散する雑居ビルの前に差し掛かった。その名は「新宿タウンプラザ」。地下1階・地上5階のうち、地上3階までにスナック、居酒屋、多国籍料理、バー、占い、マッサージ、ダンススタジオなどが入居中。この何でもアリな感じ、タマんない。

 特にディープなスナックやバーが居並ぶのは2階だ。気になったのは、「会員制」と書かれただけの黒い扉。さすがに飛び込む勇気はない。まずは、隣の入りやすそうな(といっても、入り口に服の仕立屋のトルソーが飾られていて十分怪しい)バー「B」に入店。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る