【王子駅編】飛鳥山公園脇にわずかに残る“昭和の灯”

公開日: 更新日:

 春には花見で賑わう北区王子の飛鳥山公園。線路との間の谷のような場所にひっそりたたずむ飲み屋街に気づいたのは、十数年前か。木造2階建ての古びた長屋は今にも崩れ落ちそうでいて、しかし簡単には死なぬ村の長老的なオーラを発散していて、若輩には簡単に近づけない存在感があった。

 今月の某日、王子で用があった帰り道、電車に乗る直前にふと「寄ってみようか」と思いついた。理由はない。人生はひらめきとタイミング。迷わず、足を向けた。

 山の頂上へと客を運ぶモノレールの傍らの小道にある「さくら新道」がそれ。昭和28年に建てられた。かつては長屋が3棟あったが、6年前の火事で2棟が消失。現在は残る1棟で、1軒がネオンをともすのみ。その「M」というスナックの扉をおもむろに開けた。

 中は意外と広く、10メートルほど奥までカウンターが続く。壁の片隅にはピンク電話や壊れたジュークボックス。レトロな空間に年季の入ったママがカウンターの中にちょこんと座っている。体は痩せ細り、顔のしわは深かったが、高級そうなブラウスは折り目もしっかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る