【京急線・立会川編】西商店街は昭和のにおいがぷんぷん

公開日: 更新日:

 京急線・立会川駅を出て左方向へ。駅すぐに8年前に建立された坂本龍馬像があり、周辺には古びた喫茶スナックや割烹料理店、カジュアルな串カツ屋が。

 右に折れて涙橋を渡り、大井競馬場方面に進む。道路沿いにホルモン居酒屋があり、ベロンベロンに酔っぱらった中高年のグループが酒盛りを楽しんでたわ。まだ夕方すぎなのに、うらやましい~。店名に“勝”の字が付いた飲食店が2軒もある。ココはどうか知らないけど、競馬場の近くだから、“ゲンを担ぐ客を狙って”名付けたんだって、誰かが言ってた。どの店も気軽に入れる感じね。

 駅に戻り、競馬場とは反対方向に進む。煮込み居酒屋や焼き鳥屋、中華居酒屋が連なる商店街を抜け、第一京浜に出る。

 国道を渡ると、「立会川西商店街」という古~いアーケード街に。PM7すぎ。昭和のにおいがぷんぷん漂う商店街の中は人もまばら。呉服屋や写真館はシャッターが下ろされ、黒いビニールシートに覆われた赤提灯や韓国家庭料理屋がポツポツ並ぶ。寂しい感じね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る