植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

デートで連れて行く場所は女性のファッションに合わせて

公開日:

 デート中、“心ここにあらず”になる女性は少なくありません。男性の話に相づちを打ちながらも、内心は〈飽きてきたな~〉なんて考えているもの。

 ただ、そういう気持ちはしぐさに表れるもので、会話のテンポが遅くなってきたり、足をブラブラさせたり、自分のネイルを見ていたりしています。この退屈サインに気が付かずにデートを続ければ〈空気が読めない男〉の烙印(らくいん)を押されます。自分では“イイ感じ”だったはずなのに、次回のデートはなかったというケースは珍しくないですね。

 退屈のサインが出ていたらどうすればいいか。「場所を変えようか?」と聞いてあげましょう。単純にその場所に飽きていることもありますし、移動することで気分転換になりますから、気まずい空気を打開できるのです。

 会話が続かなくてもモテる男性はいます。女性が話しやすい場をつくればいいのです。そのためには「居心地のよさ」を演出することが大事です。実は簡単で、女性のファッションに合わせた場所に連れていけばいいのです。意外と分かっていない男性は多くて、カジュアルな服装の女性を高級レストランに連れていったり、ワンピースで安居酒屋に案内したり、場違いなセレクトをしてしまう。女性は、場違いな場所に行くと気分が萎えてしまい、話す気力も起きません。テンションが下がってしまいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る