• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

「何歳に見える?」周囲に気を遣わせるお局たちの生態

「何歳に見える?」――。出会いの場や職場の飲み会で、こんな問いかけをする40代のお局女性は少なくありません。彼女たちに聞くと、部署など数人のコミュニティー内の先輩や後輩に「若く見えます」とよく言われるそうですが、残念ながら実際は年相応です。機嫌を損ねないための社交辞令を真面目に受け取り過ぎているのです。

 ひと昔前みたいに花束をもらって寿退社する女性は珍しくなりました。おおっぴらに公表するとお局の先輩に“イジリ”という名のイジメを受けるので、堂々とできないと嘆いています。

 あるデパートの広報部の20代女性は、結婚が決まった後、周囲に見つからないように総務部に行って、「名字が変わったんですが、旧姓でお願いします」と申告したと話していました。最近、こういうケースをよく聞きます。

 彼女たちが「結婚式はやりたくない」と言うのは、経済的な理由だけではありません。先輩を呼ばなきゃいけないからです。親族のみの挙式、友人だけを招いた会費制パーティー――。こうして、会社の先輩を呼ばなくていい形態にする。会社の人を呼ぶ場合は、ごく小規模な式にして、後で揉めないよう、「役員クラスしか呼ばない」などと気を使っていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る