• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

「何歳に見える?」周囲に気を遣わせるお局たちの生態

「何歳に見える?」――。出会いの場や職場の飲み会で、こんな問いかけをする40代のお局女性は少なくありません。彼女たちに聞くと、部署など数人のコミュニティー内の先輩や後輩に「若く見えます」とよく言われるそうですが、残念ながら実際は年相応です。機嫌を損ねないための社交辞令を真面目に受け取り過ぎているのです。

 ひと昔前みたいに花束をもらって寿退社する女性は珍しくなりました。おおっぴらに公表するとお局の先輩に“イジリ”という名のイジメを受けるので、堂々とできないと嘆いています。

 あるデパートの広報部の20代女性は、結婚が決まった後、周囲に見つからないように総務部に行って、「名字が変わったんですが、旧姓でお願いします」と申告したと話していました。最近、こういうケースをよく聞きます。

 彼女たちが「結婚式はやりたくない」と言うのは、経済的な理由だけではありません。先輩を呼ばなきゃいけないからです。親族のみの挙式、友人だけを招いた会費制パーティー――。こうして、会社の先輩を呼ばなくていい形態にする。会社の人を呼ぶ場合は、ごく小規模な式にして、後で揉めないよう、「役員クラスしか呼ばない」などと気を使っていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る