【京急線・雑色編】地元のご年配に助言を受けて狭い小路へ

公開日: 更新日:

 京急線・雑色駅は、普通電車しか止まらないのに、利用客はハンパなく多くてびっくり。駅を降りて、右手には水門通り商店街、左手には雑色商店街が広がってる。

 水門通り商店街は、人けが少なく、ちょっと寂しげな通り。古い居酒屋やスナック喫茶がポツポツあったわ。

 雑色商店街は、アーケード街になってて賑やかな雰囲気。路地にはカラオケ居酒屋や焼き鳥屋などが並び、まだ夕方すぎなのに随分繁盛してた。

 気になったのは、古い看板に寿司・パブと書かれた店。寿司屋でパブってどんな店? 

 通りすがりのジモピー(古いわね!)らしきご年配に尋ねてみると、こう言うの。

「以前、寿司屋だったけど、今は普通のパブじゃ。雑色はチェーン店の飲み屋は少なく、個人経営の飲み屋が多いんじゃ。どこも入りやすくていい店なんじゃが、いかにも古そうなスナックには気をつけな。結構いい値段吹っかけられるから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る