【京急線・雑色編】地元のご年配に助言を受けて狭い小路へ

公開日:

 京急線・雑色駅は、普通電車しか止まらないのに、利用客はハンパなく多くてびっくり。駅を降りて、右手には水門通り商店街、左手には雑色商店街が広がってる。

 水門通り商店街は、人けが少なく、ちょっと寂しげな通り。古い居酒屋やスナック喫茶がポツポツあったわ。

 雑色商店街は、アーケード街になってて賑やかな雰囲気。路地にはカラオケ居酒屋や焼き鳥屋などが並び、まだ夕方すぎなのに随分繁盛してた。

 気になったのは、古い看板に寿司・パブと書かれた店。寿司屋でパブってどんな店? 

 通りすがりのジモピー(古いわね!)らしきご年配に尋ねてみると、こう言うの。

「以前、寿司屋だったけど、今は普通のパブじゃ。雑色はチェーン店の飲み屋は少なく、個人経営の飲み屋が多いんじゃ。どこも入りやすくていい店なんじゃが、いかにも古そうなスナックには気をつけな。結構いい値段吹っかけられるから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る