橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

旅行先であたふた…加齢による「尿失禁」どう予防するか

公開日: 更新日:

 日曜の朝、リュックを背負った高齢女性が新宿駅南口に集まっていた。日帰り旅行に行くのだろう。

 女は高齢になっても元気だ。やがて全員揃ってバス乗り場に歩き始めた。すると、一人のバアサンが「私、トイレに行ったかしら?」と言う。認知症状があると排尿したことを忘れる。仲間が、「行ったことにしなさいよ」と言い放った。酔ってできもしない約束をして、シラフになってから「あの話はなかったことにして」と言う人はいるが、トイレを「行ったことにしなさい」と言うのは初めて聞いた。

 バアサンは大丈夫だったのか。加齢による「尿失禁」だってある。若い女でもクシャミをしただけで、腹圧で漏らす「腹圧性尿失禁」がある。男も前立腺肥大が原因で漏らす人がいる。お盆休みに一人で中国・雲南省に出かけた58歳の知人男の話だが、バスで山道を移動中、小便が我慢できなくなり、トイレに行きたいと言おうとしたのだが、中国語も英語もできない。困った彼は、運転手に身ぶり手ぶりで伝えようとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る