橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

「自分の生活は幸せか?」と本気で考えることの効能

公開日:

 放送作家の養成塾に講師として招かれた。塾生のひとりが、「新聞によるとモロッコでは処女膜の再生手術がはやっているらしいですね」と言う。イスラム圏は婚外交渉を禁じているから、さもありなん。モロッコの刑法では、婚姻関係にない男女の性交渉は違法となり、女は結婚する前に「処女」を宣言しなければならない。その証明として、結婚初夜に使ったシーツを夫の家族に見せる風習があるという。そこで、高額な手術費で再生手術をするらしい。

 そういえば、昔、銀座の女から、結婚相手に処女だと偽ったので、初夜にばれない方法はないかと相談されたことがある。身を硬くして、初めてを装えば? とアドバイスすると、「ダメ、私、男の人に触れられただけですごく感じちゃうから」と言う。それではどうしようもない。嘘は必ずばれる。結局、別れてしまったという。「ところで、処女膜はどんな形なのですか?」と聞いてきた塾生がいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る