• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

「自分の生活は幸せか?」と本気で考えることの効能

 放送作家の養成塾に講師として招かれた。塾生のひとりが、「新聞によるとモロッコでは処女膜の再生手術がはやっているらしいですね」と言う。イスラム圏は婚外交渉を禁じているから、さもありなん。モロッコの刑法では、婚姻関係にない男女の性交渉は違法となり、女は結婚する前に「処女」を宣言しなければならない。その証明として、結婚初夜に使ったシーツを夫の家族に見せる風習があるという。そこで、高額な手術費で再生手術をするらしい。

 そういえば、昔、銀座の女から、結婚相手に処女だと偽ったので、初夜にばれない方法はないかと相談されたことがある。身を硬くして、初めてを装えば? とアドバイスすると、「ダメ、私、男の人に触れられただけですごく感じちゃうから」と言う。それではどうしようもない。嘘は必ずばれる。結局、別れてしまったという。「ところで、処女膜はどんな形なのですか?」と聞いてきた塾生がいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る