月収40万円だって可能「Uber EATS」で効率よく稼ぐコツ

公開日:

 アプリで地元の飲食店から好きなメニューを選べば、配達員が届けてくれるというサービス「Uber EATS」。従来のデリバリーサービスと違うのは、配達員が飲食店の店員ではなく、アプリに配達員登録をした人たちだということだ。現在、学生やサラリーマン、主婦などさまざまな人が活躍しているが、自転車や原付があれば誰でもできる人気の副業となっているのである。

 では、このUber EATSで一体どれくらい稼げるのだろうか。日本でサービスがスタートした2016年から配達員として活動している尾崎浩二さんに話を聞いてみた。

「目安としては、20件の配達で1万5000円ほど。稼いでいたときは、20件達成でもらえるインセンティブが5000円ついて、合計2万円ほどという日も。月に35万、40万円と稼いでいる人もいます」

 配達員のギャラは、店から配達先までの距離による。自転車で20分くらいの距離を配達すれば、500~800円というのが基本報酬で、それ以外に「ブースト」「インセンティブ」がある。これを利用すればうまく稼げるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る