農業人口が激減…米どころ秋田は「ヘルシー米」を売る

公開日: 更新日:

「ですが、農作物を作るだけでは収入も増えません。加工と販売も手掛ける6次産業で儲けが出れば、若い人の新規就農につながります。秋田というと、フルーツのイメージはあまりありませんが、実は横手市などではぶどう栽培が盛んです。それをジュースやジャムに加工するだけでなく、キノコや山菜など、秋田でなければ手に入らない食材を織り交ぜてレストランをつくる。たとえば石川県のレタス栽培農家は『六星』という会社をつくり、直売と商品開発を始めたところ大福が大当たり。金沢駅前では色とりどりの野菜弁当を売って、これも女性客に大人気です。パン屋だって併設のカフェで儲けを出しています。コメ農家も発想の転換が必要です」(金丸氏)

 6次産業は秋田の農家にとって生き残る道。県農林水産部農業経済課担当者もこう力を込める。

「直売、加工以外に『農家レストラン』を積極的に推進しています。更に農業体験と観光を組み合わせた『農家民宿』や『観光農園』も支援している。農業だけでは広がりがなくても、こういったグリーンツーリズムで観光客も呼び込めます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る