芸人・松原タニシが紹介 「いわくつき物件」の“楽しみ方”

公開日: 更新日:

 心霊番組や怪談イベントに引っ張りだこ。今週の執事は、6年間で6軒の事故物件を住み替えてきた。孤独死や自殺、殺人事件の現場となったいわくつきの物件ばかりだ。先般、入居後の不思議な体験をまとめた「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房)を上梓し、話題になっている。

「今年、都内の物件(6軒目)に引っ越しました。千葉の物件(4軒目)は入るとキモチ悪くて、壁にへたり込んでしまい気を失うこともありました。現在は、大阪(5軒目)と都内の物件を行ったり来たりしています。都内の物件には後輩芸人と一緒に生活していますが、彼は僕が不在の時も、寝ている間に部屋に誰かが入ってくるといいます」

 今回は、住んで分かった事故物件“あるある”を教えてもらおう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る