清涼飲料水評論家が選ぶ 話題の「透明飲料」オススメ6本

公開日:

 清涼飲料水は年間、約900~1000種類の新商品が発売される。

「多い年で600種類程度。今は年間400種類以上は飲んでいます」と言う執事は、1989年、「清涼飲料水評論家」として活動を始めた。

「もともと、学生の頃に編集やライター業に進もうと考えていて、得意分野を持った方がいいと思ったんです。それで『ずっとジュースが好きだったな』と振り返って。子どもの頃からご当地のジュースに興味があったし、中学の同級生からも、『そういえば自動販売機ばかり見てたよね』と言われてましたから。お酒や食べ物って専門家がいるけど、ジュースはいない。それで、『じゃあ、やろう』と決めました」

 スーパーやコンビニでは昨年あたりから見かけるようになった、透明飲料のオススメを紹介してもらおう。

■クリアラテ(アサヒ飲料)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る