最強の公共交通機関 航海作家がオススメ「フェリー航路」

公開日:

 航海作家として世界中の海を船で旅している金丸さん。きっかけは大学時代の上海へのフェリー旅だ。

「当時はいわゆるシルクロードブーム。国交を回復したばかりの中国は謎めいていて、好奇心旺盛な若者たちにとっては憧れの地でした。その時の旅が本当に楽しくて、刺激的で……そのまま就職もせず、船であちこち旅するようになったんです」

 やがて船旅専門のフリーライターに。クルーズ客船では五大陸制覇もした。そんな金丸さんが「最強の公共交通機関」というのが、原点でもあるフェリーだ。

「トラックや荷物が主役で、ついでの人間は狭い船底で雑魚寝……というイメージが長らくありましたが、実は今すごく進化しているんです。バス・トイレ完備の個室はもちろん、専用テラス付きのスイートルーム、ペットと一緒に泊まれる部屋、露天風呂まである船も。ほとんどクルーズ船といっていいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る