最強の公共交通機関 航海作家がオススメ「フェリー航路」

公開日:

 航海作家として世界中の海を船で旅している金丸さん。きっかけは大学時代の上海へのフェリー旅だ。

「当時はいわゆるシルクロードブーム。国交を回復したばかりの中国は謎めいていて、好奇心旺盛な若者たちにとっては憧れの地でした。その時の旅が本当に楽しくて、刺激的で……そのまま就職もせず、船であちこち旅するようになったんです」

 やがて船旅専門のフリーライターに。クルーズ客船では五大陸制覇もした。そんな金丸さんが「最強の公共交通機関」というのが、原点でもあるフェリーだ。

「トラックや荷物が主役で、ついでの人間は狭い船底で雑魚寝……というイメージが長らくありましたが、実は今すごく進化しているんです。バス・トイレ完備の個室はもちろん、専用テラス付きのスイートルーム、ペットと一緒に泊まれる部屋、露天風呂まである船も。ほとんどクルーズ船といっていいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る