【亀戸駅編】亀戸餃子本店周辺を散策しネオン輝くビルへ

公開日: 更新日:

 亀戸といえば、餃子(ギョーザ)。PM6時すぎ。JR亀戸駅北口を出て、明治通りから1本入った路地に立つと、すぐに人だかりが目に飛び込んできた。「亀戸餃子」の本店ネ。1皿250円の餃子をツマミに一杯やってる老若男女で店は繁盛してたわ。

 駅前にはホルモン屋が乱立し、汗だくのリーマンがホッピー片手にハフハフとホルモンにばくついてた。あ~ん、うらやましいッ。ゴクリと喉を鳴らしつつ、炭火の煙がモウモウと立ち込める本店前の路地をさらに奧へ。

 古びた美容室やいかがわしいパブがある路地を抜ける。と、美熟女パブや雀荘の入った怪しげなネオン瞬くビルの2階に立ち飲み屋の看板が。

 なんか風俗チックなビルだし、“立ち”飲みだなんて、ヤラしいわ~。変な妄想に駆られながらエレベーターで2階に。熟女パブの隣にレトロなポスターが張られた小さな飲み屋があり、おずおずとドアを開けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る