猛暑のおかげで売上急増「和傘」を「日傘」で普段使いが粋

公開日:

 デザインの美しさから、インテリアや撮影といった観賞用途で購入されることの多い和傘だが、それだけではない。実用品としての機能美は大きな魅力だ。

 和傘は用途によって製造工程や材料が異なる。雨天用に作られた「番傘」や「蛇の目傘」は骨組みに太くて丈夫な竹を使用し、和紙の表面に防水加工の油を引くため、どうしても重くなってしまう。対して、日本舞踊や歌舞伎に用いられる「舞傘」は携帯性に優れており、全長80~90センチの傘でも重量は約300グラム。意外にも一般的な洋傘と変わらない。

「日傘でのお勧めはは、絹布を張った舞傘です。絹は紙よりも破れにくく、紫外線を吸収する特性を持っています。風を通すので涼感もあります」(嶋さん)

 加えて、「二本継ぎ」の加工がされた和傘は柄の下半分を簡単に取り外すことができる。使わない時は半分にして専用の傘袋に収納すれば、“折りたたみ和日傘”になるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る