3000万人の駆け込み寺 中古ガラケーショップの人気機種

公開日:

 携帯電話の契約数は昨年末で約1億7000万件で、人口に対する普及率は約134%に上る。その多くがスマホだが、日本で独自の進化を遂げたガラケーユーザーは3000万人に上るといわれる。

 そんなガラケー派にとっての難題が買い替えだろう。大手キャリアーが相次いでガラケー生産を縮小したことで、故障などで買い替えようにもままならない。そんなガラケー難民の駆け込み寺が、東京・神田にあるという。

 JR神田駅北口から徒歩5分ほどの「携帯市場 神田本店」が、その店。全国初の中古ガラケー専門店として昨年11月にオープン。店内には、約300台の中古ガラケーがズラリと並ぶ。歴代の機種が年代ごとに展示されているため、懐かしの一台が目に留まるはずだ。

「ウチに来られる方は、通話の利用が多く、スマホで“売り”の情報通信はほとんど使いません。それで、中古のガラケーで状態の良いものをお求めにいらっしゃいます」(ショップスタッフの横山朝美さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る