3000万人の駆け込み寺 中古ガラケーショップの人気機種

公開日: 更新日:

 携帯電話の契約数は昨年末で約1億7000万件で、人口に対する普及率は約134%に上る。その多くがスマホだが、日本で独自の進化を遂げたガラケーユーザーは3000万人に上るといわれる。

 そんなガラケー派にとっての難題が買い替えだろう。大手キャリアーが相次いでガラケー生産を縮小したことで、故障などで買い替えようにもままならない。そんなガラケー難民の駆け込み寺が、東京・神田にあるという。

 JR神田駅北口から徒歩5分ほどの「携帯市場 神田本店」が、その店。全国初の中古ガラケー専門店として昨年11月にオープン。店内には、約300台の中古ガラケーがズラリと並ぶ。歴代の機種が年代ごとに展示されているため、懐かしの一台が目に留まるはずだ。

「ウチに来られる方は、通話の利用が多く、スマホで“売り”の情報通信はほとんど使いません。それで、中古のガラケーで状態の良いものをお求めにいらっしゃいます」(ショップスタッフの横山朝美さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る