3000万人の駆け込み寺 中古ガラケーショップの人気機種

公開日:

 携帯電話の契約数は昨年末で約1億7000万件で、人口に対する普及率は約134%に上る。その多くがスマホだが、日本で独自の進化を遂げたガラケーユーザーは3000万人に上るといわれる。

 そんなガラケー派にとっての難題が買い替えだろう。大手キャリアーが相次いでガラケー生産を縮小したことで、故障などで買い替えようにもままならない。そんなガラケー難民の駆け込み寺が、東京・神田にあるという。

 JR神田駅北口から徒歩5分ほどの「携帯市場 神田本店」が、その店。全国初の中古ガラケー専門店として昨年11月にオープン。店内には、約300台の中古ガラケーがズラリと並ぶ。歴代の機種が年代ごとに展示されているため、懐かしの一台が目に留まるはずだ。

「ウチに来られる方は、通話の利用が多く、スマホで“売り”の情報通信はほとんど使いません。それで、中古のガラケーで状態の良いものをお求めにいらっしゃいます」(ショップスタッフの横山朝美さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る