• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3000万人の駆け込み寺 中古ガラケーショップの人気機種

 店頭に並ぶ機種は、キズの状態など独自基準で6段階で評価。商品棚を見渡すと“新品同然”のものもある。表は、同店の人気機種ベスト3だ。

「ガラケーの良いところは、安い、安全、丈夫。ガラケーの一部の機種はインターネットにアクセスしますが、ほとんどはアクセスしません。そこがスマホとの大きな違いで、情報漏洩の心配が極めて少ないのがガラケーの魅力のひとつです。政治家の方がよく使っています」(横山さん)

 通話のみの単機能の使い勝手の良さと安全面から、上半期の販売台数は10万台を突破。「売り上げは更に伸び、今年度は30万台を突破する勢いです」とニンマリするのは粟津浜一社長だ。

「最近は、両親にプレゼントされたり、女性客も伸びています。中古を心配される方も手に取って自分でチェックできるので、安心してお買い求めいただけます」(粟津社長)

 女性スタッフがいて、女性客にも評判だという。購入したら手持ちの端末に入っているシムカードを入れ替えるだけですぐに使える(au製品については別途手続きが必要)。アドレス帳(電話番号、メールアドレス)は1000円で即コピーしてくれるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る