3000万人の駆け込み寺 中古ガラケーショップの人気機種

公開日:

 店頭に並ぶ機種は、キズの状態など独自基準で6段階で評価。商品棚を見渡すと“新品同然”のものもある。表は、同店の人気機種ベスト3だ。

「ガラケーの良いところは、安い、安全、丈夫。ガラケーの一部の機種はインターネットにアクセスしますが、ほとんどはアクセスしません。そこがスマホとの大きな違いで、情報漏洩の心配が極めて少ないのがガラケーの魅力のひとつです。政治家の方がよく使っています」(横山さん)

 通話のみの単機能の使い勝手の良さと安全面から、上半期の販売台数は10万台を突破。「売り上げは更に伸び、今年度は30万台を突破する勢いです」とニンマリするのは粟津浜一社長だ。

「最近は、両親にプレゼントされたり、女性客も伸びています。中古を心配される方も手に取って自分でチェックできるので、安心してお買い求めいただけます」(粟津社長)

 女性スタッフがいて、女性客にも評判だという。購入したら手持ちの端末に入っているシムカードを入れ替えるだけですぐに使える(au製品については別途手続きが必要)。アドレス帳(電話番号、メールアドレス)は1000円で即コピーしてくれるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る