居酒屋でよく見かける「ピースボート」って誰が乗ってるの

公開日: 更新日:

「世界一周、99万円 ピースボート」

 居酒屋などでよく世界一周を誘うポスターを見かけるだろう。そもそもピースボートが何かと調べてみると、1983年に早稲田大学の学生だった辻元清美ら数人の学生を中心に設立された国際交流NGO。1990年に世界一周クルーズをはじめ、現在は3カ月で世界の約20カ国を訪れる世界一周旅行を年に3回実施しているという。

 公式サイトによると、〈船旅を通じて、国と国との利害関係とはちがった草の根のつながりを創り、地球市民の一人として、平和の文化を築いていく〉のが旅の目的。平和を意識しているせいか、寄港地でのオプショナルツアーには、風光明媚な観光地に交じって、「カンボジア地雷問題検証ツアー」「アウシュビッツ強制収容所ツアー」なども。参加者は問題意識の高い人ばかり?

「そうでもありません。参加して初めてそうしたツアーがあると知る人も多い。ほとんどが『安く世界一周ができる』から申し込まれているんじゃないでしょうか」(主催旅行社ジャパングレイスの広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る