• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

玄侑宗久さん<2>コピーライターとして商品の宣伝文句を

 慶応時代、玄侑さんが体験した仕事はこれだけじゃない。珍しい職種なので付け加えると――。

「中国語の翻訳もやりました。翻訳通訳センターというところに籍を置いて漢方薬の辞書を日本語に訳すんです。たとえば、毒薬の項目は面白かった。“これを飲むと5分後にアワを吹いて、10分後に痙攣を起こす――”みたいなことが克明に書いてある。ということは、彼らは人体実験しているはず。しなきゃこんなことまで書けませんから。翻訳の仕事を忘れて興味津々で読んでました」

 英語教材のセールスマンも経験した。高校生や予備校生を相手に、英語のカセットテープを売る仕事である。

「会社は新宿の高層ビルの一室にあって、ドアを開けると壁にデカデカと張られた棒グラフが目に入る。1セット売るごとに棒グラフが伸びて、我々は競争させられるわけです。20万円くらいの教材で、1本売ると4万ちょっとの収入になる。社会人用の教材を、成績を上げたい予備校生に売るんですから、ヤクザなやり方でしたね」

 =つづく

(取材・文=関根一郎/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る