• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

玄侑宗久さん<3>執筆時間が欲しくてゴミ焼却場に就職

 1981年、玄侑さんは6年間在籍した慶応大学を卒業する。卒業の前から小説を書いていたこともあって、「就職をどうするか迷った」という。

「当時、私の同級生が作品社という出版社に入社していたんです。作品社には名物編集者で、“芥川賞メーカー”などと呼ばれた寺田博さんがいました。で、その同級生が言うには、新入社員も作家を発掘してこいとハッパをかけられ、ある文学賞で最終選考に残った私の小説を寺田さんのところへ持っていった。それで、会うことになって。第4章部分を書き直してくれと言われ、直しが終わり、“よろしい。これで載せましょう”と言っていただきました。ところが、その直後に作品社が倒産してしまって……。デビュー話が消えてしまったんです。大学卒業を前にそんなことがあって、小説を書きたい気持ちは相当膨らんでいたんです」

■第一広告と共同通信の2社の募集要項を取り寄せたが

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る