玄侑宗久さん<3>執筆時間が欲しくてゴミ焼却場に就職

公開日: 更新日:

 1981年、玄侑さんは6年間在籍した慶応大学を卒業する。卒業の前から小説を書いていたこともあって、「就職をどうするか迷った」という。

「当時、私の同級生が作品社という出版社に入社していたんです。作品社には名物編集者で、“芥川賞メーカー”などと呼ばれた寺田博さんがいました。で、その同級生が言うには、新入社員も作家を発掘してこいとハッパをかけられ、ある文学賞で最終選考に残った私の小説を寺田さんのところへ持っていった。それで、会うことになって。第4章部分を書き直してくれと言われ、直しが終わり、“よろしい。これで載せましょう”と言っていただきました。ところが、その直後に作品社が倒産してしまって……。デビュー話が消えてしまったんです。大学卒業を前にそんなことがあって、小説を書きたい気持ちは相当膨らんでいたんです」

■第一広告と共同通信の2社の募集要項を取り寄せたが

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  5. 5

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  9. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る