玄侑宗久さん<3>執筆時間が欲しくてゴミ焼却場に就職

公開日:

 1981年、玄侑さんは6年間在籍した慶応大学を卒業する。卒業の前から小説を書いていたこともあって、「就職をどうするか迷った」という。

「当時、私の同級生が作品社という出版社に入社していたんです。作品社には名物編集者で、“芥川賞メーカー”などと呼ばれた寺田博さんがいました。で、その同級生が言うには、新入社員も作家を発掘してこいとハッパをかけられ、ある文学賞で最終選考に残った私の小説を寺田さんのところへ持っていった。それで、会うことになって。第4章部分を書き直してくれと言われ、直しが終わり、“よろしい。これで載せましょう”と言っていただきました。ところが、その直後に作品社が倒産してしまって……。デビュー話が消えてしまったんです。大学卒業を前にそんなことがあって、小説を書きたい気持ちは相当膨らんでいたんです」

■第一広告と共同通信の2社の募集要項を取り寄せたが

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る