曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鶏と魚菜と旨い酒 蔵人(三田)日本酒をグラスで提供

公開日:

 昨今は日本酒ブームで地方の銘柄を厳選して提供する店が増えている。「この店を開いた頃は、三田にはその手の店が少なかった」と語るのは、JR三田駅前で「蔵人」を運営する前田哲さん。計算しやすく、数種飲めるように、グラス(90ミリリットル=480円均一)にして日本酒を提供している。日本酒は約15種をその時々で入れ替えるようにしているそうだ。

「均一料金にすると原価的に厳しいものもありますが、わかりやすくする意味でも貫いています」と話す。

 だが、ブランド品や希少品は、なかなかそこに納まりづらい。なので「隠し酒あり」と表記して特別価格で供しているのだとか。取材日にあったのは、酒屋八兵衛、明鏡止水、而今など。獺祭純米大吟醸二割三分は1000円で販売していた。

 前田さんは、これらの酒に鶏や地野菜を調理し、肴にして出している。中でも鶏は地域柄、丹波地鶏を使用。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る