曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鶏と魚菜と旨い酒 蔵人(三田)日本酒をグラスで提供

公開日: 更新日:

 昨今は日本酒ブームで地方の銘柄を厳選して提供する店が増えている。「この店を開いた頃は、三田にはその手の店が少なかった」と語るのは、JR三田駅前で「蔵人」を運営する前田哲さん。計算しやすく、数種飲めるように、グラス(90ミリリットル=480円均一)にして日本酒を提供している。日本酒は約15種をその時々で入れ替えるようにしているそうだ。

「均一料金にすると原価的に厳しいものもありますが、わかりやすくする意味でも貫いています」と話す。

 だが、ブランド品や希少品は、なかなかそこに納まりづらい。なので「隠し酒あり」と表記して特別価格で供しているのだとか。取材日にあったのは、酒屋八兵衛、明鏡止水、而今など。獺祭純米大吟醸二割三分は1000円で販売していた。

 前田さんは、これらの酒に鶏や地野菜を調理し、肴にして出している。中でも鶏は地域柄、丹波地鶏を使用。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る