曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鶏と魚菜と旨い酒 蔵人(三田)日本酒をグラスで提供

公開日:

 昨今は日本酒ブームで地方の銘柄を厳選して提供する店が増えている。「この店を開いた頃は、三田にはその手の店が少なかった」と語るのは、JR三田駅前で「蔵人」を運営する前田哲さん。計算しやすく、数種飲めるように、グラス(90ミリリットル=480円均一)にして日本酒を提供している。日本酒は約15種をその時々で入れ替えるようにしているそうだ。

「均一料金にすると原価的に厳しいものもありますが、わかりやすくする意味でも貫いています」と話す。

 だが、ブランド品や希少品は、なかなかそこに納まりづらい。なので「隠し酒あり」と表記して特別価格で供しているのだとか。取材日にあったのは、酒屋八兵衛、明鏡止水、而今など。獺祭純米大吟醸二割三分は1000円で販売していた。

 前田さんは、これらの酒に鶏や地野菜を調理し、肴にして出している。中でも鶏は地域柄、丹波地鶏を使用。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  9. 9

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  10. 10

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

もっと見る