曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

自然流菓子処 川端風太朗(生駒)大助・花子行きつけの店

公開日: 更新日:

 生駒市の富雄川沿いにある「川端風太朗」は、一見和食店に見紛いそうだが、れっきとした洋菓子店で、漫才師の宮川大助・花子が行きつけの店としても知られている。店主の川端繁隆さんは淡路島出身で、東京で修業した後、昭和41年に奈良に来てケーキ作りを始めた。生クリームを関西で初めて使った職人として業界でも知られており、今や関西洋菓子界の重鎮として崇められているくらいだ。

 川端繁隆さんは自店を“自然流菓子処”と表現しているように、ケーキに無農薬(または低農薬)果実をふんだんに使用しながら季節感あふれるものを作っている。例えば、淡路のいっぴん(700円)と題されたスイーツは、大ぶりのブルーベリーを60グラムも使ったもの。スポンジにブルーベリーをのせ、ヨーグルトをかけて仕上げている。

「淡路島の専門農家から仕入れて作っています。このブルーベリーは皮が薄く、酸味も少ない。信州産と比べると、味が全く異なるんです」と説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る