• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

自然流菓子処 川端風太朗(生駒)大助・花子行きつけの店

 生駒市の富雄川沿いにある「川端風太朗」は、一見和食店に見紛いそうだが、れっきとした洋菓子店で、漫才師の宮川大助・花子が行きつけの店としても知られている。店主の川端繁隆さんは淡路島出身で、東京で修業した後、昭和41年に奈良に来てケーキ作りを始めた。生クリームを関西で初めて使った職人として業界でも知られており、今や関西洋菓子界の重鎮として崇められているくらいだ。

 川端繁隆さんは自店を“自然流菓子処”と表現しているように、ケーキに無農薬(または低農薬)果実をふんだんに使用しながら季節感あふれるものを作っている。例えば、淡路のいっぴん(700円)と題されたスイーツは、大ぶりのブルーベリーを60グラムも使ったもの。スポンジにブルーベリーをのせ、ヨーグルトをかけて仕上げている。

「淡路島の専門農家から仕入れて作っています。このブルーベリーは皮が薄く、酸味も少ない。信州産と比べると、味が全く異なるんです」と説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る