曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

裕太朗寿し(泉佐野)“ガッチョ”の唐揚げをビールのアテに

公開日:

 近年、泉佐野市の野菜のブランド化を手伝っており、市役所に行くことが多い。農林水産課での打ち合わせの後は、決まって泉佐野漁協青空市場で食事をする。私が向かうのは、この市場の1階にある「裕太朗寿し」である。この店を訪れた人の半数以上が注文するのがガッチョの唐揚げ(500円)だ。

 ガッチョとは、ネズミゴチのこと。関東ではメゴチ、瀬戸内では天コチというが、泉州ではガッチョと呼び、このあたりの名物になっている。江戸前天ぷらでは、この素材はすでに高級魚扱い。千葉の内房で取れるが、餌となる小魚が少なくなったためにメゴチの値が高くなってしまった。泉州でも漁獲量は少なくなったようだが、まだまだ庶民派の域にある。

「裕太朗寿し」では、地元の店同様ガッチョを唐揚げにして提供している。さばくと、透明感のある白身で、淡泊な味が特徴。頭を落として松葉に開いて揚げるのだ。地元民が「煮付けにもできなくはないが、天ぷら(唐揚げ)にして初めて価値がある」と言う通り、この料理はビールのアテにぴったり。特にこれからの季節は、ガッチョも旬で、この組み合わせを求めて足を向けてしまう。同店ではガッチョの唐揚げを頼んで一杯飲(や)りながら寿司をつまむのが私の定番。盛り合わせ・松は10貫で2000円、竹は1500円。この日は煮穴子、鯛、帆立て、赤貝、生海老などのラインアップ。ちなみに寿司盛り合わせには梅(1000円)も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る