• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

玄侑宗久さん<4>初任給17万円だったがピンハネされていた

 24歳で慶応大学を卒業した玄侑さんが選んだ就職先は、埼玉県川口市のごみ焼却場だった。クレーン車を操り、次々と運ばれてくるゴミの山を焼却炉に入れる日々――。

「クレーンの操縦室は、四方がガラス張り。冬はそれなりに寒かったですが、電気ストーブが置いてあった。夏は扇風機で、外の暑さや寒さはむしろ緩和されていて、私はどちらかといえば好きな仕事でした。注意事項もありました。“ゴミ袋の内側に水滴があるモノは中身を確認してくれ――”と。こうした袋には、中に生き物やその死骸が入っている可能性があるらしい。ヒドい話ですが、犬とかペットがゴミと一緒に捨てられることがあったんです。当時、川口では青木町にあった処理場で毎週1回週末に火葬してたんですが、そこに持っていかずにゴミと一緒に出してしまうなんて……」

 焼却炉の温度管理も主な仕事だった。低温になるとダイオキシンや塩化水素が発生するため、常に750度以上を維持するようメーター監視に目を光らせていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る