玄侑宗久さん<4>初任給17万円だったがピンハネされていた

公開日: 更新日:

 24歳で慶応大学を卒業した玄侑さんが選んだ就職先は、埼玉県川口市のごみ焼却場だった。クレーン車を操り、次々と運ばれてくるゴミの山を焼却炉に入れる日々――。

「クレーンの操縦室は、四方がガラス張り。冬はそれなりに寒かったですが、電気ストーブが置いてあった。夏は扇風機で、外の暑さや寒さはむしろ緩和されていて、私はどちらかといえば好きな仕事でした。注意事項もありました。“ゴミ袋の内側に水滴があるモノは中身を確認してくれ――”と。こうした袋には、中に生き物やその死骸が入っている可能性があるらしい。ヒドい話ですが、犬とかペットがゴミと一緒に捨てられることがあったんです。当時、川口では青木町にあった処理場で毎週1回週末に火葬してたんですが、そこに持っていかずにゴミと一緒に出してしまうなんて……」

 焼却炉の温度管理も主な仕事だった。低温になるとダイオキシンや塩化水素が発生するため、常に750度以上を維持するようメーター監視に目を光らせていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

もっと見る