玄侑宗久さん<2>コピーライターとして商品の宣伝文句を

公開日:

 慶応大学在学中の22歳のころ、五反田のナイトクラブで“正社員並み”に働いていた玄侑さんには、同時期にもうひとつの仕事があった。

「コピーライターです。代表的なモノはコダックの“その場の光でここまで映る”ってコピー、ご存じありませんか? アレは私の作品です。ハハハ。本当ですよ。当時は写真はデジタルではなくて、まだフィルム時代。コダックにVR400とかVR800とかのシリーズがあって、そのデモンストレーション用の広告に、私のコピーが使われていました。

 伝票の発注元は長瀬産業だったし、私はコピーライターの名刺も持っていた。アルバイトという意識はなかったですね」

 プロ並みの活躍ではないか。夜の仕事と並行していたものの「時間がある時に飛び飛びでもできたから」と振り返る。

 今の時代でいうダブルワークだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る