玄侑宗久さん<2>コピーライターとして商品の宣伝文句を

公開日:

 慶応大学在学中の22歳のころ、五反田のナイトクラブで“正社員並み”に働いていた玄侑さんには、同時期にもうひとつの仕事があった。

「コピーライターです。代表的なモノはコダックの“その場の光でここまで映る”ってコピー、ご存じありませんか? アレは私の作品です。ハハハ。本当ですよ。当時は写真はデジタルではなくて、まだフィルム時代。コダックにVR400とかVR800とかのシリーズがあって、そのデモンストレーション用の広告に、私のコピーが使われていました。

 伝票の発注元は長瀬産業だったし、私はコピーライターの名刺も持っていた。アルバイトという意識はなかったですね」

 プロ並みの活躍ではないか。夜の仕事と並行していたものの「時間がある時に飛び飛びでもできたから」と振り返る。

 今の時代でいうダブルワークだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る