玄侑宗久さん<2>コピーライターとして商品の宣伝文句を

公開日: 更新日:

 慶応大学在学中の22歳のころ、五反田のナイトクラブで“正社員並み”に働いていた玄侑さんには、同時期にもうひとつの仕事があった。

「コピーライターです。代表的なモノはコダックの“その場の光でここまで映る”ってコピー、ご存じありませんか? アレは私の作品です。ハハハ。本当ですよ。当時は写真はデジタルではなくて、まだフィルム時代。コダックにVR400とかVR800とかのシリーズがあって、そのデモンストレーション用の広告に、私のコピーが使われていました。

 伝票の発注元は長瀬産業だったし、私はコピーライターの名刺も持っていた。アルバイトという意識はなかったですね」

 プロ並みの活躍ではないか。夜の仕事と並行していたものの「時間がある時に飛び飛びでもできたから」と振り返る。

 今の時代でいうダブルワークだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る